MOONLIGHT MILE(9)  月のサスペンス

月でのサスペンスは、緊張感を増しながら続きます。吾郎たちは、テロリスト・カトーにより仕掛けられた時限爆弾と共に、トマト栽培棟に閉じ込められていました。他の隊員はカトーの扇動により暴動状態に陥り、月面基地はまさに大混乱。騒ぎに乗じたカトーは、破壊工作の本当のターゲットへと向かいます。テロリストの真の目的……それは、アメリカが保有する宇宙軍を、公の場に晒すことだったのです。そして、一つの時代が終わり、新たなる戦いの舞台の幕が上がります。空気が存在しない、真空の世界という極限の地で起こる事件は、まるで映画のようなアクションサスペンス。それぞれの守るべきものを背負い、男たちは困難に向かいます。涙なしには読めない、熱い一冊です。
ムーンチャイルド・歩は、謎の組織に人質として囚われてしまいます。組織は、月の地下労働者を開放する目的を持つ「月移民者解放戦線」。彼らは歩を連れ、月面地価の居住区であるファベーラへと向かいます。徹底的に管理され清潔に保たれていた表世界しか見たことのなかった歩ですが、ここで初めて汚れた「裏の世界」を知ることとなりました。進化した遠隔操作型ロボット・ガーディアンに、仮想世界でしか話すことのできなくなったロストマン。そして謎の人物であるレディ・ファントム……物語は近未来から未来世界へ移行しましたが、決して現実離れしたわけでなくそう遠くはない未来の物語として楽しむことができます。SFファンにおすすめです。

2015年11月19日